大石不動院和尚の掲示板
  • [メール登録]をされますと、新着情報をメールマガジンでも自動通知します。
  • メールアドレスの登録/解除はご自由にできます。

  「天下泰平、国土安泰、信徒安全、交通安全等、」をご祈念申し上げました。
    Date : 2022/08/07 (Sun)
8月7日午前⒐時30分、本堂で、K/Mさん夫婦の先祖供養を奉修し夏越しの大祓
「天下泰平、国土安泰、信徒安全、交通安全等、」をご祈念申し上げました。

 本日は、それぞれ初盆参りを済ませ、ご信徒皆様のご参拝を頂き誠に有難う
ございます。
 また、何かとお忙しい折にも関わりませず、令和4年度、本堂再建 420年節目の年、
開祖1210年経過 剛の寅歳と法要を厳修できましたこと、改めて厚く御礼申し上げます。  

 令和4年度は、大石不動院にとりまして、節目の年、平成14年大師堂の屋根瓦の
葺き替え工事をスタートに、諸堂(天満宮・大石稲荷)の改築、平成16年境内・
不動滝等の整備、平成21年の本堂屋根の葺き替え、床下工事、平成23年本堂の
腰板の修復 加えて、櫻鐘堂の修復と、境内看板の刷新、平成24年本堂前の
天井板張替え、令和2年香取鹿島両大明神の館、参道の整備等完了致しました。

 平成の大修理、1200年記念事業は、全国の皆様、地元はもとより ご信徒 皆様等の
多大なるご支援とご協力のおかげをもちまして予定致しました全ての事業が、
この節目の年令和4年にめでたく今日を迎えることが出来ました。
    
 当山が、開祖以来かくのごとく年々興隆してこられたのも、御本尊不動明王の広大なる
ご霊徳はもとより、ご信徒 皆々様の厚きご理解ご支援の賜物と衷心より深く感謝し、
重ねて御礼を申し上げる次第です。

 和尚は、御本尊「不動明王」を中央に右側「昇り龍」左側に「聖観世音菩薩」を安置し、
大いなる慈悲のお心を体現すべく日々精進し、ご信徒皆々様のなお一層のご家門のご繁栄
並びに無事消災をお祈り致しました。


  新型ウイルスオミクロン株Ab5まん延の日々、マスクと手の消毒等をして
    Date : 2022/08/02 (Tue)
 8月2日昨夜は蒸し暑く、熱帯夜、昼間は38度〜40度近く、外出できない、
新型ウイルスオミクロン株Ab5まん延の日々、マスクと手の消毒等をして
和尚、近くの法事を頼まれ出かけた。
 
 僧に依頼して法事を行うことを「法供養」と言います。
お経は、お釈迦様の説法を滅後に弟子達が記録したもの、更には後世の
人達によって解釈が書き換えられたものも含め、膨大な量となりますので、
各宗派は、そのうちの一部のお経を所依の経典として用いています。

 いま日本で読まれている漢字のお経は、インドから中国へ伝来し翻訳された
ものと、中国で祖師方々によって作られたものが伝えられています。
 また、日本で宗祖が説かれた和文のお経も作られました。

 インドから中国に伝わったお経は、翻訳の際に、インドの言葉を
音訳したものと、意訳したものと2種類が成立しました。「般若心経」や
「観音経」など漢文に意訳された経典は、お釈迦様からの教えを文字で
直接理解できる経典です。

 毎日、W/Mさんが不動滝・役行者~遍大菩薩へ「般若心経」など唱えて
この大石不動院の本堂「不動明王」1210年節目の年お勤めされています。

先達の亡き杉岡鈴子さんは何時も言って居られます。「般若心経」や
「光明真言」などを何度も繰り返しお経を読むことは、宗祖の教えに
触れ、霊力にさずかる大事な修行のひとつです。


  大姉から「ありがとう」「ありがとう」・・・の声が何時までも聴こえた?
    Date : 2022/07/30 (Sat)
7月28日午前7時30分頃 今日も参拝に、F/Mさん夫婦がみえた。
毎日 松阪市小片野町の大石三校バス亭近くの家から歩いて大石不動院本堂へ

 お不動様・弘法大師様の「おかげさま、健康で安心安全、身体健全等、毎日を
心やすらかに過ごさせて頂いています。「生かされて いるのだから 活かそう
 我が命」を実践しています。歩いて参拝が健康です、有り難う御座います。

7月29日午後7時30分に杉岡会1同が(7人、大石不動院 本堂、陣内に集まり、
先達の亡き杉岡鈴子さん(平成27年8月9日命日)の杉岡家の供養と杉岡鈴子様
の「善道師鈴法大姉霊位」の法要と師弟達の「夏越しの大祓」を催行した。
参拝合掌。(和尚に鈴子様からの「夏越しの大祓の」お告げがあったから)

 不動院本堂 安置の弘法大師 御作「不動明王立像」1210年 節目の年で
和尚から俗名・杉岡鈴子(戒名 善道師鈴法大姉霊位)さんの命日 法供養を
厳修し、参拝者は、焼香をして、真剣にお経を捧げていた。
 
お経は、 1、合掌礼拝2、懺悔3、三帰4、三きょう5、十善戒
6、発菩提心7、三摩耶戒8、開経げ、9、理趣経下10、般若心経
11、大日如来真言 十三仏真言12、光明真言7回13、御宝号14、祈願文15、
回向して終了。鈴子先生の顔が頭に浮かび、昔の経緯等思い浮べていた様子。 

 大姉から「ありがとう」「ありがとう」・・・の声が何時までも聴こえた?。


  過去は追っては、ならない。みらいは、待ってはならない。
    Date : 2022/07/30 (Sat)
今月の言葉    8月  (葉月)はづき
  「 過ぎ去った   日のことは  悔いず 」

 まだ来ない未来にあこがれて、取りこし苦労をしたり、
過ぎ去った日の影を追って悔いておれば、前進できません。

 過ぎ去ったあやまち等の日のことは悔いず。
まだ来ない未来にあこがれず。取りこし苦労もせず。

 現在を 大切にふみしめてゆけば、身も心も健やかになる。
過去は追っては、ならない。みらいは、待ってはならない。

 ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない。
今日すべきことは、明日に延ばさず。一日一日を大切に、
確かにしていくことこそ、良い一日を生きる道である。

 人間独特の能力を、愚かな知恵とブッダ(仏陀)は、
決めているようです。
そして、むしろ、過去、現在、未来、の三時(さんじ)を
超えて、「一瞬」のうちに生きることを、教えられている
のであります。

 動物たちは、瞬間、瞬間、本能に従って生きているようですが、
知恵がある人間には、それはなかなか真似のできないことで
あります。 人間を、煩悩という苦しみから解放させる
意味を説いている。



  般若心経」や「光明真言」などを普通3回又7回多くは21回〜何度も繰り返し
    Date : 2022/07/23 (Sat)
 7月23日曜日本堂の仏具器具などの掃除をスタートしている和尚です。
早朝からM/Yさんからたのまれた寺島家の先祖累代追善菩提、供養を行った。
関東の方では、7月に供養を行うところが多いのです。

 今年の盆は8月13日から15日まで家がもともと神道やキリスト教などと
菩提寺が遠くていけない方々が大石不動院へ盆供養を申し込まれて
お勤めをすると「これで肩の荷が下りた?」「心がスートした。」
「和尚にお経を上げていただき亡き父・母も」喜んでいます。
今まで寂しい思いをしていた事でしょう。

 午後1時からO/Tさんの祈願で夫のことを心配して姓名判断や職場の
人間関係など海外から帰って悩んでいる様子をなんとか取り除く
祈願を厳修した。

 僧に依頼して供養などを行うことを「法供養」と言います。
お経は、お釈迦様の説法を滅後に弟子達が記録したもの、更には後世の
人達によって解釈が書き換えられたものも含め、膨大な量となりますので、
各宗派は、そのうちの一部のお経を所依の経典として用いています。

 「般若心経」や「光明真言」などを普通3回又7回多くは21回〜何度も繰り返し
お経を読むことは、宗祖の教えに触れ、霊力にあずかる大事な修行のひとつです。


  不動院へ神戸から故郷へ15年ぶり帰り、
    Date : 2022/07/23 (Sat)
 7月17日(日曜日)晴れ蒸し暑い、不動院へ神戸から故郷へ15年ぶり帰り、
不動院へ参拝された。大石不動院の本堂が綺麗に瓦の葺き替えや修復されて
いて驚きました。
 本堂の裏に寄付した人の名前が記載してありますが、名古屋の人や県外の人が
多いようです。また地元の人は、組別に掲載されていますので懐かしいです。

 浜松市の会社に就職して、東京大阪名古屋神戸に転勤、このほど定年になり、
郷里の飯南町に帰り、家があった所を見て、伊勢神宮へ昨日参拝。今日神戸へ
帰ります。大師堂付近も綺麗に整備されています。懐かしいです。

 古い石仏の大日如来様が昔から在りましたか?新しく石仏が発見され、信者
様が中心になって館を建設していただきました。在り難い事です。

  山河は人を育み、文化を育むあたたかき大地である。人は自然と共生する
のではなく、自然にゆるされて生きているのである。大自然に抱かれて人は
人となっていく。自然の大切さを?都会の生活から比べ癒され、安心に思う。

 光、風、音、いつも目には見えないもの。世界にはそんな大切なものが
たくさんあります。 光りが無くなるだけで、私たちの命をつないでくれる
食べ物もできないのである。 

 山河だけが仏性ではない。存在するすべてのものが存在としての意味を持つ。
それが仏の姿そのものであるというのである。(弘法大師・空海)


  特に体力のいる季節です。特に熱中症には気を付けないと、
    Date : 2022/07/09 (Sat)
 7月9日(土)今日も蒸し暑い日である。昼前雷が鳴り響き、
その後、大雨がが降った。
日頃より、不動院HP(ホームページ)和尚の掲示板を拝見して頂き
誠に有難うございます。

 徐々に高くなる気温、むせ返る、草の匂いと共に夏が始まりました。
お体の調子はいかがですか?暑さで体調を崩しては
いないですか気をつけましよう。

 これからヤってくるのは、今年のさらに厳しい暑さの日々が訪れます。
 特に体力のいる季節です。特に熱中症には気を付けないと、
高齢者には対策が必要です。

 熱中症には、なんと言ってもこまめに水分補給と栄養補給が大切です。
高齢者の方が盂蘭盆で、参拝に見えた人、熱中症の症状・・・

不動明王に参拝にみえる松阪市内のお医者は、次の3つ、
@めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、筋肉の痛み、
汗が止まらない。
A頭がガンガン、吐き気がする。嘔吐、体がだるい、倦怠感など。
B意識がない、ひきつけ、けいれん、呼びかけに対して返事が
おかしい、走れない、高体温、真っ直ぐ歩けない。

軽い順に3段階あるそうです。
食欲の対策で、モロヘイヤ、オクラ、つるむらさきなどねばねば
成分が(ムチン)が必要です。胃腸の粘膜を保護します。


  「天然記念物のムカデラン群落、下 池の鯉 元気に泳ぐ 」   
    Date : 2022/07/09 (Sat)
「天然記念物のムカデラン群落、下 池の鯉 元気に泳ぐ 」   

松阪市嬉野町「老人福祉施設」等の池を埋め立て敷地などを
広めるため、5月中頃、大石町の城山様の世話で、伊藤様、
石田様、川田様、脇口様5人のメンバーが施設の池から
黒鯉4匹と色鯉9匹、をすくい大石不動院の池に放して頂きました。

 黒鯉4匹は、餌をよくだべ、、みるみる大きくなりました。
大石不動院の池の水は、滝谷川からの山水で皆元気に泳いでいます。
鯉の餌を毎日やる時間、手をたたくと、一斉に集まってきます。

 先日、深田様から大きい銀色の鯉を1匹大石不動院の池に
放されました。
 小さい所の池で飼っていたので?、このままだと命をなくす
かもしれない、大きい池でのびのびとストレス解消なりますよう
放された次第です。

 東海36不動霊場会の人が参拝にみえて、池の鯉を見てさわやかです。
天然記念物のムカデラン群落を見学にみえた人達も「人面魚がいる」
鯉の仲間が増えたので鮮やかですと話題になっています。


  ご信徒皆々様のなお一層のご家門のご繁栄並びに無事消災を お祈り致しました。     
    Date : 2022/07/04 (Mon)
 7月2日午前8時、本堂に入る天井が以前から隙間があり、風が強いと
長年積もった、ほかりが落ちてきて困っていたところを一ノ木建設に
修復してしてまらった。
 10時30分N/S様の17回忌法要、ご信徒皆様のご参拝を頂き誠に有難
うございます。(修復中・本堂でお勤め)
 
 大石不動院境内の整備等経過をまとめると、平成14年大師堂の屋根
瓦の葺き替え工事をスタートに、諸堂(天満宮・大石稲荷)の改築を
この年度で行い修復と建設が終了した。
 平成16年境内・不動滝等の整備を、荒木造園、一ノ木建設さんの
協力にて完成した。
 平成21年の本堂屋根の葺き替え、床下工事、平成23年本堂の腰板の
修復 加えて、櫻鐘堂の修復と、境内看板の刷新、平成24年本堂前の
天井板張替え等完了した。

 令和元年「香取鹿島両大明神の館」、及び不動滝の付近、台風14号
19号倒木被害、土砂災害など、松阪市の林道振興課、飯南町の水谷
土建様により令和2年10月に、林道など併せて整備完了した。

 
 当山が、開祖以来かくのごとく年々興隆してこられたのも、御本尊
不動明王の広大なるご霊徳はもとより、ご信徒 皆々様の厚きご理解
ご支援の賜物と衷心より深く感謝し、重ねて御礼を申し上げる次第です。

 和尚は、御本尊「不動明王」を中央に右側「昇り龍」左側に
「聖観世音菩薩」を安置し、大いなる慈悲のお心を体現すべく日々
精進し、ご信徒皆々様のなお一層のご家門のご繁栄並びに無事消災を
お祈り致しました。
    


  家内安全・商売繁盛・交通安全・身体健全・心願成就など
    Date : 2022/06/30 (Thu)
6月30日9時30分多気町のN/Mさんが先祖供養・姓名判断を挙行した。
家内安全・商売繁盛・交通安全・身体健全・心願成就など

11時から三重四国88箇所霊場会の先達の方が参拝、正式な参拝方法を
教えてほしい・・・順次参拝。まず 本堂の大石不動明王に参拝。

 @札所へ到着したら合掌して一礼し、手洗いの場所確認し進む。
Aそこで 手を洗い、口をすすぐことにより身心を清めます。
B持参した線香と灯明をおそなえしてお賽銭を上げます。
同時に、写経や納経札を納めます。代表の方が朱印帳等主務所へ。
霊場めぐりは身心を磨く修行の旅です。

先達の僧侶が@さんげA三帰B三境C十善戒D発菩提心E三摩耶戒

F開経げG般若心経H本尊の真言I光明真言J御宝号K回向して終了。

時間があれば、住職の説明終了後、大石不動院のばわいは、
本堂と涼しい不動滝で一休みして、奥の院へ30段石段を上がり大師堂
「弘法大師と薬師如来」参拝します。。

「本尊の不動明王」開帳していますのでお姿を見て下さい。
見える人は見えます?見えない人は見えません・・・・見えた。

74番=不動院 75番=神宮寺 76番=千福寺 77番=阿弥陀寺 
78番=円光寺を巡拝。


- Mag Board -