大石不動院和尚の掲示板
  • [メール登録]をされますと、新着情報をメールマガジンでも自動通知します。
  • メールアドレスの登録/解除はご自由にできます。

  意訳したものと2種類が成立しました。「般若心経」や
    Date : 2019/04/15 (Mon)
  4月15日午後4時過ぎ新しいホンダヒット鈴鹿2128番号の自動車、
ONさんの交通安全・事故防止等の祈祷をおこなった。

昨日、14日(日曜日)は、干支の山・白猪山へ山登り、大石地区まちづくり
協議会で企画、大石幼稚園裏に集合して約40名が高さ820メ−トル
スタート。雨が心配されたが、山頂では石尊大権現の祭りで紅白の餅まきが
12時30分行われた。
同じ日に大石神社の春の大祭午後2時から行われた。後、大石小町の皆さん
による踊りが披露された。4時30分からここでも紅白の餅まきがあった。

翌日15日(月曜日)夕方・予約のSKとDMさんが3月に亡くなった
祖父さんの法供養「不動院和尚のお経の功徳(くどく)」をあげた。

 僧に依頼して法事を行うことを「法供養」と言います。
 いま日本で読まれている漢字のお経は、インドから中国へ伝来し
翻訳されたものと、中国で祖師方々によって作られたものが伝えられ
ています。 また、日本で宗祖が説かれた和文のお経も作られました。

 インドから中国に伝わったお経は、翻訳の際に、インドの言葉を
音訳したものと、意訳したものと2種類が成立しました。「般若心経」や
「観音経」など漢文に意訳された経典は、お釈迦様からの教えを文字で
直接理解できる経典です。ありがたいお経です。


  「秋葉大権現」と水・海の神「金毘羅大明神」が祀られている展望台に
    Date : 2019/04/15 (Mon)
4月15日午後1時25分頃、伊勢本街道を歩く、6名の方が、途中トイレ休憩と
合わせ、大石不動院に参拝。不動滝の休憩所で一休み、その後、火の神
「秋葉大権現」と水・海の神「金毘羅大明神」が祀られている展望台に
登られた。平成最後の伊勢神宮(外宮と内宮)参りの企画の下見。
5月1日には、「令和・れいわ}新しい元号元年になる前に参拝記念旅。

 大阪城集合で数回に分けて歩いて伊勢神宮へ参拝するもので、バスで、
松阪市飯南町の柿野地区まで乗せてもらい、そこから歩いて多気町の津留
までの伊勢本街道歩くコース、次は玉城町経由で伊勢神宮まで歩いて目標達成。

 バスで、歩こう会の人に展望台へ登られた方から話を聞いた「展望台
からの景色は新緑と山桜があちこちピンク色に見えてお山が最高です。

 櫛田川が美しく眼下に見え、大石幼稚園の表示や向かいの「野呂元丈の里」
テレビでおなじみの・暴れん坊将軍、(徳川吉宗の主治医)薬草公園など烏岳
(からすだけ)山々と町々が、一望できた。

 和尚さん、「展望台まで息を切らさず登ると5歳若いと記録されているが、
それは本当か?」和尚、そのとおりです。

 和尚さん「本堂の不動明王の両脇にある、徳川の葵の紋は、いわれは?
教えて、和歌山街道と伊勢本街道と重なっているのがこの国道166号線
不動院前です。
江戸時代・和歌山街道を「参勤交代(サンキンコウタイ)」の時徳川吉宗から
「拝領はいりょう」されたものです。未だにこの葵の紋は、光り輝いています。


  明日からこの10箇条を意識して、毎日を過ごすことにしよう。
    Date : 2019/04/09 (Tue)
 4月7日午前9時頃から「春まつり」の準備、本堂の前列に提灯を飾り、
のぼりを立てて、紅白の餅を、袋に詰めた。
平成の最後の祭りであるが、元号「令和」の記念の紅白の餅を午後4時に撒く
ため約2500の小餅を袋へ詰める作業を役員全員で行った。

 本堂では、午後3時頃から護摩祈祷会を副住職の岡本和俊(かしゅん)が行った。
餅まきの時間には、約80名の人が集まり出した。
打ち上げ花火を午後4時に打ち上げ、その合図と同時に紅白の餅を撒いた。

 松阪市小片野町「野呂医院」野呂純一医院長が見学、その時、「健康増進」
「健康十守」延命長寿の10箇条が示されていると教えてもらった。
これは貴重な10箇条で、これから守ることにした。

 健康10守  健康は素晴らしい、一番の宝物  働き盛りもシルバー世代も
やっぱり健康が一番。

1、健康の第一歩は、お肉少な目  野菜は多め。      =「少肉多菜」
2、塩の代わりに酢で調理  工夫次第で血圧調整。     =「少塩多酢」
3、砂糖控えて 果物から糖分を充分補給。         =「少糖多果」
4、腹七分目  後の三分はよく噛む 事で満腹に 。    =「少食多噛」
5、身も心も軽やかに  清潔一番  健康一番 。     =「少衣多浴」

  健康増進
6、口動かすよりも  身体で動かし  健康に。      =「少言多行」
7、人の世話をして有難いと  思う心が 健康をつくる。  =「少欲多施」
8、よく眠るって忘れよう  浮世の憂さを。        =「少憂多眠」
9、車で健康は買えない  歩け歩けで 健康は買える。   =「少車多歩」
10、腹立てず笑っていれば 心も身体も健康に。       =「少憤多笑」

 明日からこの10箇条を意識して、毎日を過ごすことにしよう。
皆様も参考にして下さい。 


  和尚のは、わかり易く色んなことを相談でき有り難いです。
    Date : 2019/04/03 (Wed)
 4月3日午後1時心の会館で浄土宗の葬儀で、導師・役僧3人和尚もふぎで、出席。
葬儀終了後、予約・何時も参拝祈願されるK・TさんとH・Yさんが、仕事のことや
精神的に不安・・・病気の事今後の事等祈願し、「みくじ」を見てもらいたい、

また「健康状態」のこと、「職場を変わるべきか?辞めるべきか?辞めなくても
居て下さい?と社長は言われますが」どうか・・・迷っています。

 二人目の方は、家内安全・交通安全・身体健全・先祖供養・お墓の建て替えの相談です。
KTさんの相談「まず体を温める事・お風呂にゆくりと浸かり、リラクスして下さい。
職場は変わらないほうが良いです。もう少し人間関係を好くする努力をすれば今までの
実績が認められます。頑張って下さい。」先祖供養と複雑に絡みある人間模様を
明快に説明。病気の事今後の事等祈願した。 健康状況等 回答略。

HYさんの相談「結論=お墓の建て替えは必要ありません。」それぞれ、これでスッキリ
致しましたし、是からの歩む道が見えてきた。ありがとう。
家内安全・交通安全・身体健全・心願成就・先祖供養をそれぞれの00家で祈願した。

 2人が、相談に来て良かった。弁護士に相談したら30分で5,000円の計算です。・・・
私の知人は、「離婚相談」で、最初に100万円相談料を収めたとか?報酬が決まっている。

和尚のは、わかり易く色んなことを相談でき有り難いです。
不動明王の前で無心の境地?拝んだ。
お経は、 1、合掌礼拝2、懺悔3、三帰4、三きょう5、十善戒6、発菩提心 
7、三摩耶戒8、開経げ、9、理趣経10、般若心経 11、光明真言12、御宝号13、祈願文
14、回向して終了。 先祖供養、みくじ、祈願など 予定もあるので、2〜3日前に?(TEL)
予約・申し込みが必要です。    「南無大師遍照金剛」


  世界にはそんな大切なものがたくさんあります。
    Date : 2019/03/31 (Sun)
        4月  今月の言葉   卯月  (うづき)

    「 山 河 を  みるは  仏 性 を みるなり 」
      さんが        ぶっしょう 
  
 山河は人を育み、文化を育むあたたかき大地である。
人は自然と共生するのではなく、自然にゆるされて生きているのである。
大自然に抱かれて人は人となっていく。
ただ生まれただけでは人となるのではない。

 光、風、音、いつも目には見えないもの。
世界にはそんな大切なものがたくさんあります。
 光りが無くなるだけで、私たちの命をつないでくれる食べ物もできないのである。
その大切さをどれほど感じているのでしょうか?

 悲しくも辛い、先の東日本大震災の後、「故郷」の歌が多く聞かれた。
3月11日午後2時45分、8年を迎えるにあたり「震災で犠牲となられた方々へ
哀悼の意を表すと共に、被災地の復興をお祈りいたします。」

 このほど、本山 勧修寺で集会があり、亡くなった方々の供養お経を捧げた。
故郷を失った人々が、歌の中に故郷を求めている。
山河だけが仏性ではない。
 存在するすべてのものが存在としての意味を持つ。
それが仏の姿そのものであるというのである。
 


  大日如来と金剛庚申を拝んで獣害(猪・鹿・サル)捕獲に対する供養をしてから
    Date : 2019/03/27 (Wed)
3月24日午後4時から大石町にある谷区・庚申堂の会式があり、不動院住職が
大日如来と金剛庚申を拝んで獣害(猪・鹿・サル)捕獲に対する供養をしてから
4時30分頃餅まきがあった。

 谷区に入る中腹に庚申堂(大日如来像・金剛庚申)がお祭りしてあり毎年
3月の28日に近い日曜日に春 彼岸過ぎに谷区役員(北谷・谷下・寺海戸・谷中・
都)で主催して行われる。獣害捕獲に対する供養も併せて行った。    

 信仰は、実際に自分の内に待つか持たないかは、各自、自由であり、
持たないからといっても命に別条はありません。

ただお釈迦様は「信仰を持つと言うことは人間として最も豊かな生き方になる」
と説かれているのです。

 人間誰でもが物質的な富を求め、富の獲得蓄積のために人生の時間の大半を
消耗しています。
にも関わらずそうした物質的な富は、うっかりするとまったく無くなってしまう
はかないものであります。

 いくら蓄積しても無くならない富、誰にも奪われることのない豊かさがあれば
それほど結構なことはない。それが信仰でありこれこそが最高の豊かさと
説かれています。
 本尊大日如来に、こころから祈っておられる人々の人間らしい姿ほど美しい
者はなくまた、心豊かなものを感じさせられることはありません。


  優しい言葉や行いは、見えない。見えないけれどもその真心は、心に深く刻まれる。
    Date : 2019/03/25 (Mon)
3月24日日曜日9時35分3号車40人が三重四国霊場会伊賀地区団参団がお参り
大型バス1台でまず本堂の不動明王に参拝。

 @札所へ到着したら合掌して一礼します。A 不動滝からお参りして
手を洗い、口をすすぐことにより身心を清めます。B持参した線香と灯明を
おそなえしてお賽銭を上げます。同時に、写経や納経札を納めます。
霊場めぐりは身心を磨く修行の旅です。

先達の僧侶さんが@さんげA三帰B三境C十善戒D発菩提心E三摩耶戒F開経げ
G般若心経H本尊の真言I光明真言J御宝号K回向 など
本堂と30段石段を上がり大師堂へ「弘法大師と薬師如来」を参拝。

「本尊の不動明王」開帳していますのでお姿を見て下さい。見える人は見えます?
見えない人は見えません・・・・見えた。
  私したちは、いつも形を求める。形を求めないと安心しない。どんな形ですか。
どんな色ですかと聞いて納得する習慣がある。前不動と後ろに弘法大師が掘ったと
言われている「青石不動明王」が見えます。

 神様は、むしろ形あるものよりも、形なきものの方が確かである。例えば、
子供が親に土産を買ってくる。物を貰ったのは嬉しいことである。
他方、子供が親にやさしい言葉をかける。親はとても喜ぶ。品物は見えるが、
優しい言葉や行いは、見えない。見えないけれどもその真心は、心に深く刻まれる。
74番=不動院79番=近長谷寺75番=神宮寺76番=千福寺78番=円光寺
77番=阿弥陀寺を巡拝。


  たとえば、祈る人の念波は、大石不動院の不動明王にあつく伝わって
    Date : 2019/03/19 (Tue)

 誰しも人生のどこかで経験するお参りして「祈りを捧げる」それは、初詣で
「大石不動院」また、神社・仏閣・伊勢神宮参拝や神様・仏様、病気した時、
どうしても叶えたい願いやどうしても解決したい問題がある時、人生を切り
拓きたい時、先祖の霊を供養や先祖の墓参りなど貴方が祈った内容は必ず
神様・仏様に届き、叶えられるには、貴方の心次第です。

 たとえば、祈る人の念波は、大石不動院の不動明王にあつく伝わって
きます。どんな悩みも聞いて良い方向へ導いてくれます。
 仏教行事の代表的なものに、お彼岸があります。

 「暑さ寒さも彼岸まで]と言われますが、春分の日を中心とする七日間は
「春のお彼岸」として、お寺参りや墓参りをするのが習慣とされてきました。
彼岸とは、「極楽浄土」を表す仏教用語です。生命を始めとするこの世の
すべてのものには限りがあります。現実の苦悩に満ちた世界の「しがん」から
仏様の居られる永遠の安楽世界である「彼岸」の極楽浄土を信仰し、命
終わればそこに生れる事を願うのがお彼岸の意味です。
自然をたたえ、生命をいつくしみ、今日ある自分を育んでくれた数多くの
ご先祖様に心から感謝いたします。


  風が強く危ない状況だが「岩屋本堂」まで修験者の修行する小山を
    Date : 2019/03/14 (Thu)
松阪市自治会連合会・役員・観光研究会は、中型バスで3月13日
宇気郷地区=与原・飯福田・後山・柚原の4つの地域を廻った。
与原では、宣長さんが歩いた杉木立ちの歩道や掘阪山から伊勢湾まで
一望できる。道を通過して飯福田へ飯福田寺の住職から「伊勢山上・
国峯山・飯福田寺の説明を聴き、701年役小角(えんのおづぬ)開祖霊場。
風が強く危ない状況だが「岩屋本堂」まで修験者の修行する小山を
全員がクサリをつたいながら足元に気をつけ、岩崖を登った。
その他・薬師堂・仁王門・護摩堂を参拝。後山・柚柚原(ゆのはら)
うきさとむらで昼食。蘭神社(あららぎじんじゃ)の夫婦杉・
対(つい)を拝み冷気が漂う「蘭宇気白神社(あららぎうきはく
じんじゃ)へ垣本長生宮司の説明後、全員が参拝。
映画のロケ地、きいろいゾウ「ムコとツマの家」を見学シマの資料館
も見学して研修した。観光研究会で掘り起こせば故郷のお宝が多く発見。
       


  大石不動院春祭り(仏生会、花祭)の開催について
    Date : 2019/03/04 (Mon)
 大石不動院春祭り(仏生会、花祭)の開催について
  「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、春分の日を中心のする7日間は
 「春のお彼岸」としてお寺参りやお墓参りをするのが習慣とされています
 あらゆる自然の生命が若々しく萌えあがる春彼岸、自然をたたえ、生命を
 いつくしみ、今日ある自分を育んでくれた数多くのご先祖様に心から感謝。
日時:平成31年4月7日(日曜日)
場所:大石不動院  本堂・境内広場等
行事:午後3時10分過ぎ「報恩の行事」仏生会
平成31年度 御護摩祈祷など先祖供養の実施
午後4時「紅白餅まき」


- Mag Board -