大石不動院和尚の掲示板
  • [メール登録]をされますと、新着情報をメールマガジンでも自動通知します。
  • メールアドレスの登録/解除はご自由にできます。

  不動滝のマイナスイオンが多く安らぎを感じる
    Date : 2017/09/11 (Mon)
 9月9日(土曜日)10時、不動院本堂の不動明王へ参拝。
東京から故郷へ20年ぶり帰り、櫛田川、不動滝・不動院周辺を散策。
大石不動院の本堂が綺麗に瓦の葺き替えや修復されていて驚きました。

 本堂の裏に寄付した人の名前が記載してありますが、名古屋の人や
県外の人が多いようです。地元の人は、組別に掲載されていますので
懐かしいです。

 名古屋の会社に就職して、東京に転勤、このほど定年になり、郷里の
大石町には誰ももう住んでいませんが、妹と昔住んでいた所や家を見て、
伊勢神宮へ昨日参拝。今日東京へ帰ります。

 大師堂付近も綺麗に整備されています。懐かしいです。古い石仏の
大日如来様が昔から在りましたか?
最近発見されもので、9月1日落慶法要したばかり「大日講」館が建立。

もう郷里に帰ることはありません、今千葉県市川市に住んでいます。  
  山河は人を育み、文化を育むあたたかき大地である。人は自然と
共生するのではなく、自然にゆるされて生きているのである。
大自然に抱かれて人は人となっていく。不動滝のマイナスイオンが
多く安らぎを感じる。今日訪れ参拝できて本当によかった。


  正面3回天・地・滝と唱え拍手を打つ事。不動明王真言を唱えながら
    Date : 2017/09/09 (Sat)
9月9日午後6時30分夕方若い女性2人がお参りして大師堂へ
弘法大師と薬師如来・新しく出来た大日講・大日如来像を拝み、
不動滝(夫婦の滝)を眺めながら「般若心経」「不動明王真言」を唱えて
足をお滝に浸け、無心の境地で拝んでいた。
私達は、名古屋の中村区から来ました、明日は、伊勢神宮に参り、
磯部町にある天岩戸に行きます。そこでまた来るときは、この不動滝で
滝行をしたいので不動滝に入ることをお許し下さい。
和尚さん正式な「不動滝の滝行の作法を」心得は、どうするのか」
教えて下さい。
 まずよく準備体操をして、塩で身を清めます。不動明王真言を
唱えます。九文字を切る(リン・ビョウ・トウ・シャ・カイ・ジン・
レツ・ザイ・ゼン)をして入水する。足の方から身体を清める。
滝に打たれる時は、滝に向かって二礼して、夫婦の滝左右に二回・
正面を向いて滝のパワーがあるので女性の方は、しぶきでも良い。
正面3回天・地・滝と唱え拍手を打つ事。不動明王真言を唱えながら
心臓に遠い所から体を濡らす、気合をエーイ(オオー)と叫び・・・
頭を浸す(打たれる・浴する)大祓い(オオハライタマエー)と言う
人もいる。般若心経を(1回・3回・7回・21回)唱える人もいます。
自分の守り本尊を唱える。光明真言を唱えて終了です。


  お経の本を両手でしっかり持ち、一定の速さで読経しましよう。
    Date : 2017/08/29 (Tue)
8月29日午前10時何時もお参りして下さるK/Oさんが、
和尚さん正式な「お勤めの心得は、どうするのか」教えて下さい。
 お勤めは、朝夕などに時間を決めて(定めて)仏壇の前でお経を
読むことです。
 昔から「信は荘厳(しょうごん)から」と言うように、まずは仏壇を
隅々まできれいに掃除して、供物・お茶・ロウソクの明かりを灯し、
線香を付けます。
次に、袈裟をかけ、数珠を左手に持って仏前に正座します。
決してあわてず、口と鼻から深い呼吸を繰り返して、心を静め、合掌
御本尊を恭しく眺め礼拝します。
鐘かリンがなったら(鈴を打ったら)読経を始めます。
お経の本を両手でしっかり持ち、一定の速さで読経しましよう。
お経が終われば、お経の本を置き、合掌して、仏様に伝えたいことや
お願い事など心を込めてお祈りします。
最後に仏様を礼拝します。


  大石不動院境内で行われる31日と9月1日の八朔祭りの行事内容は
    Date : 2017/08/29 (Tue)
 大石不動院境内で行われる31日と9月1日の八朔祭りの行事内容は
次のとおり
31日(宵宮)午後4時「香肌なごし太鼓」の奉納演奏、日頃の練習披露、
大江中学生による和太鼓で始まる。
午後4時40分健康体操、5時から大石幼稚園の踊りやジャグリング・
フラダンス等ステージで行う。
午後6時から本堂下の「やぐら」のまわりで「手踊り」大石幼稚園児、
大石こまちが、踊り始め、女性青年ら大勢が参加して{しょんがい}等
歌に合わせて踊る。
午後7時30分頃から本堂で護摩祈祷が行われる。
この日に参拝すると家内・交通安全、身体健全、
心願成就など叶えられる、霊験あらたかなので有名である。
また、7時からステージでは今年新しいイベントで「奉納書道」「書道
パフォーマンス&ギター演奏」や「石野木御所太鼓」で締めくくり
終わり次第・・・午後8時頃に「花火大会」仕掛け花火、
スターマインを打ち上げる。(打ち上げ花火は、常時上げられています。)
再びステージへグループ来場?どんな歌手?
午後8時30分からカラオケ大会&松阪の唄10時頃まで各 議員さんの
歌声披露等  皆さんで楽しんでください。

1日(本日)本堂で午前10時読経、身代わりお守り、
腕輪念珠、祈祷の受付など午後1時30分頃「大日講の落慶法要」
午後3時頃護摩祈祷会など行われる。


   大 石 不 動 院 八 朔 ま つ り 」について
    Date : 2017/08/29 (Tue)
 「 大 石 不 動 院 八 朔 ま つ り 」について
  三重県松阪市大石町4番地、石勝山 不動院
夜店(露天商)境内に約45軒が国道166号線沿いの広場、
境内一帯に並ぶ。正式名称(せきしょうざん ふどういん)
通称「大石不動院 境内一帯の夜店。」
 平成29年度8月31日(木)宵宮・午後3時30分集合
午後4時頃から午後10時 頃 終了。
9月1日(金)は本日・午前10時頃から読経で始まり午後1時
30分頃から新しい檜造り「大日如来像の館」
 建立「大日講」落慶法要等と午後3時頃「護摩祈祷会」を厳修致します。
       
大石不動院八朔まつりは、約300年前古くから継承されている祭りで、
節分から数えて210日目に開かれる。
この日が9月1日で、八朔の八は8月朔は1日で旧暦の8月1日に当たる為、
八朔まつりの名称がついた。本堂では、連日護摩祈祷を厳修し、
地域の安全、五穀豊穣、家内安全、交通安全、開運招福など住職によって行われる。


  悟りの世界に入る為には耐え忍ぶと言う事が無ければならない、と言う事を
    Date : 2017/08/29 (Tue)
今月の言葉  9月  (長月)ながつき  
   「 忍 の一事は衆妙(しゆうみよう)の 門 」

これは大乗仏教の実践徳目であります、我々が、悟りの世界に
入る為には耐え忍ぶと言う事が無ければならない、と言う事を
説いたものでありましょう。
 忍は大きく二種類に分けられるようです。
一つは「衆生忍」これはあらゆる苦難に耐え忍ぶことで、我々で
考える堪忍にあたります。
 ところうが仏教では、忍にもう一つ、まったく別の意味があります。
それを「無生法忍」、あるいは「観察法忍」と言うのです。
こちらの場合は耐え忍ぶというよりは、物事をはっきり認知することで、
悟りの智慧(ちえ)の働きによって、世界をあるがままに正しく観察
することなのです。
 何しろ[忍]と言う漢字は、心の上に刃と書きます。
人の怒りを受けながらなお自分の「怒り」を抑えなくてはならないので
すから、二じゆうの苦しみに耐えなければなりません。
それが出来る人にして初めて、平静な心で事態を観察できるのでしよう。


  大日如来の具現仏である諸仏や諸菩薩様を祀る所もある
    Date : 2017/08/15 (Tue)
8月15日火曜日、今日は少し涼しい、雨である。甲子園高校野球も休み。
暑さもいつしか遠ざかりふと見上げれば、雨雲が広がり小さな雲の群れが
少し早いが、秋のおとづれを感じる日々です。

 さて、8月8日午前10時大石不動院の追修作善の丹誠を致し、大日如来
石仏と総檜造りの新しい館を建立し、ここに今、開眼供養の義を修し、
奉った。

 大日如来石仏は、「摩訶毘瑠遮那仏」と本来は同じ仏であるが、曼荼羅
(まんだら)の中尊をして、説法をする仏とされている。

 良く真言宗寺院など高野山にいくと大日如来・不動明王・薬師如来・千手
観音菩薩・阿弥陀仏如来立像など様々な本尊が祀られているのが見えます。

これらの諸仏は皆大日如来から現れた、ひとつ、ひとつの徳を示しています。
ですから全て大日如来の信仰に帰一するのです。

 各家庭で仏壇にお祀りする時、真言宗では、大日如来坐像を中心に、
向かって右に弘法大師・左に不動明王をお祀りします。

また、大日如来の具現仏である諸仏や諸菩薩様を祀る所もある。
 



  杉岡鈴子(戒名善道師鈴法大姉位)さんの三回忌 法供養を厳修した。
    Date : 2017/08/15 (Tue)
 8月8日午後7時30分大石不動院本堂(導師和尚)で、杉岡会メンバー7人が、
俗名・杉岡鈴子(戒名善道師鈴法大姉位)さんの三回忌 法供養を厳修した。
 
お経は、 1、合掌礼拝2、懺悔3、三帰4、三きょう5、十善戒
6、発菩提心7、三摩耶戒8、開経げ、9、理趣経10、般若心経を21回唱和
11、阿弥陀如来真言 十三仏真言12、光明真言21回唱和、13、御宝号14、
ふじ文(祈願文) 8月9日杉岡鈴子さんの命日にあたり、その前日に
法供養を営み、また、お盆が、最も大きな先祖供養の儀式である。
先祖の霊を迎える日でした。
 
 参拝者全員が、般若心境を21回唱和してありし日の大姉を思い浮かべ、
守り(護り)仏様としかと感じつつ、子弟が参拝した。

 大日如来の館建設と紫の幕をつけ、長く杉岡会のメンバーを守りたまえと
仏果菩提の増進を念じ、至心回向した。杉岡鈴子(戒名善道師鈴法大姉位)
 大姉から「ありがとう」「ありがとう」・・・の声が何時までも聴こえた。

 


  天然記念物ムカデランと奇跡のリュウゼツランが満開の花をつけた。
    Date : 2017/08/03 (Thu)
 
 8月3日午前10時30分頃毎年東京から観察に見える、K/Oさんが天然記念物
ムカデ欄の花を写真に撮って行かれます。
先日の日曜日から花が満開で地元の人達の話題になっています。
肉眼では見えぬくい状況で、望遠鏡か望遠カメラで覗かないとわかりません。
K/Oさんは、ムカデ欄は、樹に多くつくが、池の岩面に群落しているのは
めずらしいく全国でも此処だけです。毎年観察を続けているが、年々減少
しています。
 大石不動院境内に、あるリュウゼツラン(竜舌欄)(万年欄)(アカベ)
花柱が6月下旬頃から伸びてきた。1日10センチぐらい成長し7月上旬から
下旬にかけて約7メートルになり下の方から枝が付きはじめ、7月28日(日)
不動明王の例祭には緑黄色の花が咲きはじめ8月上旬には、下から3分の1ほど
開花した。
 昭和35年(1960年)頃、多気町の達武さんから苗をもらって観葉植物・
アロエの大きな植物であると思っていた。
葉の形を竜の舌に見立てて名前が付いたと言い伝えられて
いる。花は咲かないとおもっていたが、57年ぶり今年初めて咲いた。


  「光明真言」などを21回〜何度も繰り返しお経を読むことは、宗祖の教えに触れ、
    Date : 2017/07/30 (Sun)
 8月の言葉  葉月(はずき)
     法 供 養「 お 経 の 功 徳(くどく) 」

 僧に依頼して法事を行うことを「法供養」と言います。
お経は、お釈迦様の説法を滅後に弟子達が記録したもの、更には後世の
人達によって解釈が書き換えられたものも含め、膨大な量となりますので、
各宗派は、そのうちの一部のお経を所依の経典として用いています。

 いま日本で読まれている漢字のお経は、インドから中国へ伝来し翻訳された
ものと、中国で祖師方々によって作られたものが伝えられています。
 また、日本で宗祖が説かれた和文のお経も作られました。

 インドから中国に伝わったお経は、翻訳の際に、インドの言葉を
音訳したものと、意訳したものと2種類が成立しました。「般若心経」や
「観音経」など漢文に意訳された経典は、お釈迦様からの教えを文字で
直接理解できる経典です。

 しかし、陀羅尼(だらに)等は音だけを文字に写したもので、呪文(じゅもん)
として唱える事によって霊力があると信じられ珍重されています。

 先達の亡き杉岡鈴子さんは何時も言って居られます。「般若心経」や
「光明真言」などを21回〜何度も繰り返しお経を読むことは、宗祖の教えに触れ、
霊力にあずかる大事な修行のひとつです。

あれから2年「3回忌」を迎えます。「和尚・8月8日午後7時30分頃から本堂で
「法供養」をお願いします。」観音様の例祭の日です。和尚拝みます。


- Mag Board -