大石不動院和尚の掲示板
  • [メール登録]をされますと、新着情報をメールマガジンでも自動通知します。
  • メールアドレスの登録/解除はご自由にできます。

   高血圧で、薬で血圧を上がるのを防いでいる方法は、血圧を調整して
    Date : 2018/01/12 (Fri)
  毎日手術があると、その前に、お不動さんにお参りされる、
 松阪方面の病院 Y/A 外科の先生が11日早朝 参拝「おはようございます」
 和尚とあった。「高血圧の高齢者が多く信徒に見えます、対策と予防は?」
 どのように改善や血圧を下げればいいですか」聞いてみた。 

  高血圧で、薬で血圧を上がるのを防いでいる方法は、血圧を調整して
 平均値に保つことができます。回答の要点は、次の通り

  高血圧の予防には、食事と生活面の配慮が一番です。
 まず、高血圧の原因を知ることが大切です。
  1、塩分の取りすぎが一番。塩辛い味噌汁や漬物など。
   塩分は水分を引き寄せる働きで、血液の全体量が増加することです。
   そして、心臓が沢山の血液を送り出すため高血圧になります。

  2、コレステロールや中性脂肪が血管の内壁にたまり、動脈硬化になって
   血管を細くして心臓に負担をかける。
 
 高血圧によい食べ物は、塩分の排出作用のある「カリウム」が多い食べ物、
  例えば、リンゴ、バナナ、キュウリなど多くとりましょう。

  また、血管を拡張して血流を良くする タマネギ、ニンニク類。
  コレステロールや中性脂肪を下げるタウリンの多いエビ、イカなど
  魚介類などです。

 それと並行して、散歩や下半身を鍛える運動を 毎日少しずつでも続ける
 ことが大切です。有り難う御座いました。


  一日一日を大切に、一日一生、の様に丁寧にそして有り難く
    Date : 2018/01/08 (Mon)
平成30年1月7日(日曜日)12時5分頃、伊勢本街道を歩く、30名の方が、途中
トイレ休憩と合わせ、昼食と大石不動院に参拝。大師堂・大石稲荷・大日堂
経由・その内28名が 展望台(秋葉大権現・金毘羅大明神)に登られたようだ。

 大阪城集合で11回に分けて歩いて伊勢神宮へ参拝するもので、バスで、
松阪市飯南町の柿野地区まで乗せてもらい、そこから歩いて多気町の
津留までの伊勢本街道コース、次は伊勢神宮まで歩いて目標達成。

バスで、歩こう会の人に展望台へ登られた方から話を聞いた、「展望台からの景色は
最高です。櫛田川が美しく眼下に見え、大石幼稚園の表示や向かいの野呂元丈の里
(徳川吉宗の主治医)薬種公園など烏岳、(からすだけ)町々が、一望できた。

 和尚さん、「展望台まで息を切らさず登ると5歳若いと記録されているが、
それは本当か?」和尚、そのとおりです。「私は、今59歳ですから54歳と
いう若さか・・・嬉しいね。」相当歩いて見えるようですが?50歳からです。

 さて、私達は、「昨日があって、今日があり、そして明日がやってくるのを
当たり前だと思って」毎日を過ごしています。
しかし人生と言うのは、「まさかの」連続です。明日が必ずやってくるとは保証は
どこにもありません。一日一日を大切に、一日一生、の様に丁寧にそして有り難く
過ごすことの大切さを私達は肝に銘じ、平成30年を迎えて、自らの生活を充実して
過ごしたいものです。


   厄 年 早 見 表  (年齢は数え歳)
    Date : 2018/01/08 (Mon)
節分星祭は、人それぞれが、相当する当年星をまつり、その歳の災いを除き、
幸せを増長する。不動院では、真言密経の秘法により、特別お護摩祈願会を厳修
致し、皆様方の除災招福をご祈念申し上げ、2月3日ふくわ内・・・豆撒きをします。

 本尊不動明王の前、住職がお経、懺悔、三宝に帰依して仏教信者としての自覚を
高め、十善戒を守ることを誓い、菩提心を起こして悟りへの道に進むことを
決意する事にある。
お経は、 1、合掌礼拝2、懺悔3、三帰4、三きょう5、十善戒
6、発菩提心 7、三摩耶戒8、開経げ、9、理趣経10、延命十句観音経
11、般若心経 12、光明真言13、御宝号14、祈願文15、回向して終了。

         厄 年 早 見 表  (年齢は数え歳)
幼児 4歳 = 前厄・平成28年生れ・本厄・平成27年生れ・後厄・平成26生れ
女性 19歳 = 前厄・平成13年生れ・本厄・平成12年生れ・後厄・平成11年生れ
男性 25歳 = 前厄・平成7年生れ・本厄・平成6年生れ・後厄・平成5年生れ
女性 33歳 = 前厄・昭和62年生れ・本厄・昭和61年生れ・後厄・昭和60年生れ
女性 37歳 = 前厄・昭和58年生れ・本厄・昭和57年生れ・後厄・昭和56年生れ
男性 42歳 = 前厄・昭和53年生れ・本厄・昭和52年生れ・後厄・昭和51年生れ
男女 61歳 = 前厄・昭和34年生れ・本厄・昭和33年生れ・後厄・昭和32年生れ
(還暦)
   
星まつりの申し込みが昨年から受け付けています、まだ申込みされていない方は
お急ぎ下さい。毎年申込頂いている方は、電話でお名前とその旨 言えば OK です。


   時 々 の 初 心 忘 る べ か ら ず 
    Date : 2018/01/08 (Mon)
  今月の言葉  元旦
  「 時 々 の 初 心 忘 る べ か ら ず 」
 それぞれの年齢に応じた「初心」を忘れてはならないと教えています。
お正月に決心した計画を一年を通して継続して遂行しましよう。
 
   不動院からのお知らせ
 新春ご祈祷札(御祈願札)のご案内
 
 不動院では、新しい年を迎えるに当り、新春お護摩ご祈祷を厳修致します。
お不動様のご分身ご分霊のお護摩札(御祈願札)をお受け頂き今年が素晴らしい
一年でありますようお祈り申し上げます。

 新春お護摩札(お祈願札)三点セット  千円以上
 身代わりお守り  一体 五百円です。
 交通安全お守りステッカー五百円です。

 節分星祭  個人(当年星)のお護摩札と御守護札のご案内

 節分星祭は、2月2日から3日人それぞれが、相当する当年星をまつり、その歳の災いを除き、
幸せを増長する。不動院では、真言密経の秘法により、特別お護摩祈願会を厳修
致し、皆様方の除災招福をご祈念申し上げます。福豆を受け取り下さい。
 
 星まつりの申し込みが昨年12月から受け付けています、まだ申込みされていない方は
お急ぎ下さい。
 毎年申込頂いている方は、TELでお名前とその旨 言えば OK です。


  謹賀新年  明けましておめでとうございます。
    Date : 2017/12/27 (Wed)
 2018年(平成30年)
謹賀新年  明けましておめでとうございます。
「新春お護摩御祈願札のお知らせ」
 不動院では、新しい年を迎えるに当たり「新春特別護摩祈祷会」
お護摩御祈願・ご祈祷を厳修致します。
お不動様のご分身ご分霊であるお護摩札をお受け頂き、新年が、
皆様におかれまして素晴らしい年でありますようお祈り致します。
 御祈願札(三点セット)千円以上
 身代わり御守 五百円です。
 新春ご祈祷・御祈願の申込、みくじも見ます。お願いしたい内容
名前・生年月日・住所・等を事務所で受け付けて下さい。


  本堂から石段を30段上がったところの弘法大師堂へ
    Date : 2017/12/17 (Sun)
12月16日晴天である。風が強いが、2~3日寒い日が続いたが上天気、早朝から
  墓参りの人が多く、本堂から石段を30段上がったところの弘法大師堂へ
  参拝し、展望台の秋葉大権現(火の神・火災防止)金毘羅大明神(水・海・
  水難防止)が祀られている所まで行く人が見受けられた。

   名古屋の春日町から参りに来ました。東海36不動の朱印と併せ風景
  写真を撮りに来ました。私は酉年ですので守り本尊が「不動明王です」
   舎利礼文(しゃりらいもん)のお経をあげられお参りをされていました。

  お墓詣りによく読まれるお経です。このお経は、お釈迦様のご遺骨を
  礼拝するお経です。短くてありがたいお経ですので昔から尊ばれてきました。
  私たちの愛する家族や友達の供養に、お釈迦様のご遺骨をたたえるお経を
  読むと言う事は、亡き人の命と、みたまを、お釈迦様の命と心に重ね
  合わせて頂くと言う事です。

   さて、お参りして頂いた人のように「貴方の一生涯の守り仏様は、
  何かを知っておきましょう。」
 
子年生(ね)=    千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)
丑寅年(うし・とら)=虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)
卯年(う)=     文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
辰巳年(たつ・み)= 普賢菩薩(ふげんぼさつ)
午年(うま)=    勢至菩薩(せいしぼさつ)
未申(ひつじ・さる)=大日如来(だいにちにょらい)
酉(とり)=     不動明王(ふどうみょうおう)
戌亥(いぬ・い)=  阿弥陀如来(あみだにょらい)


  メンバー6人が寒い中大師堂の周りや内陣をぞうきんでふき掃除、12月は毎年
    Date : 2017/12/03 (Sun)
12月2日午前8時頃から毎月第一土曜日弘法大師堂付近を掃除する奉仕活動団体
(通称・松阪市杉岡会)毎日夕方お経を上げて参拝。

そのメンバー6人が寒い中大師堂の周りや内陣をぞうきんでふき掃除、12月は毎年
内陣まできれいに掃除。また、石段など竹ぼうきできれいにもみじの落葉など掃除。

今年は、紅葉が早く、急に寒くなったので、もみじの色付きが5日早い。

さて、 このほど、自治会連合会理事と防災研究会で静岡県浜松市西区舘山寺町へ
自治会加入率97パーセントの連合理事会との交流を行い、研修。翌日は、浜松市の
防潮堤を視察研修をした。
 従来の防潮堤に9メトルに加え、再度13メイトルの防潮堤を建設、工事現場も
見学東南海地震の津波に耐えられる様対策にキューピッチ進められている。

 工場の休憩所に健康増進「健康十守」10箇条が示されています。

 働き盛りもシルバー世代もやっぱり健康が一番。健康増進へ・・・

1、健康の第一歩は、お肉少な目  野菜は多め。      =「少肉多菜」
2、塩の代わりに酢で調理  工夫次第で血圧調整。     =「少塩多酢」
3、砂糖控えて 果物から糖分を充分補給。         =「少糖多果」
4、腹八分目  後の二分はよく噛む 事で満腹に 。    =「少食多噛」
5、身も心も軽やかに  清潔一番  健康一番 。     =「少衣多浴」  
6、口動かすよりも  身体で動かし  健康に。      =「少言多行」
7、人の世話をして有難いと  思う心が 健康をつくる。  =「少欲多施」
8、よく眠るって忘れよう  浮世の憂さを。        =「少憂多眠」
9、車で健康は買えない  歩け歩けで 健康は買える。   =「少車多歩」
10、腹立てず笑っていれば 心も身体も健康に。       =「少憤多笑」


  今すぐ始めたいーー家族みんなで風邪の予防術。
    Date : 2017/11/30 (Thu)
 釈尊は、「世の常の人々は、避けがたいことに突き当たり、いたずらに
  苦しみ悩むのであるが、不動明王等仏の教えを受けた人は、避けがたい
  ことを避けがたいと知るから愚かな悩みを抱くことはない」と説かれて
  います。
   真の安らぎと安心が与えられる事を願って今日も「不動明王」祈祷する、
  和尚である。

   和尚は、このほど、インフレエンザ対策で、近くの病院で予防注射を
  してもらった。
   病院に次のことが、書かれて、一覧表に表示されていた。
  今すぐ始めたいーー家族みんなで風邪の予防術。

   毎年、寒い時期が近づくと悩まされる風邪のウイルス。
今すぐ出来る、簡単な効果ある方法。
  日頃からケアーを心がけることで、抵抗力の体をつくれば、インフレエンザの
予防にもつながる。
風邪の正体を知って風邪を絶つ。内容の要点をメモして、下記の通り紹介。

   体が冷えると免疫力が低下する。
  食べ過ぎた時ほどーーー風邪をひきやすい。
インフルエンザは^^風邪の一種ではない・・
  肺炎や脳症を合併、いのちの危険性にさらされることもあります。
ほとんどの人に免疫がありません。よって感染予防がなりよりも肝心。
  
  1、正しい方法で習慣づけよう、マスク・うがい・手洗いの基本。
  2、備えておこう もしもインフルエンザに感染したらーー
    発生当初と違い、現在は自宅療養が原則となっています。
  3、まず慌てずに医師の指示を仰ぎ、それにしたがってください。



  「 ま ご は や さ し い 」バランスのとれた食事
    Date : 2017/11/30 (Thu)
今月の言葉  12月   師走(しわす)
「 ま ご は や さ し い 」バランスのとれた食事
大切な家族の健康を祈願して、バランスのとれた食事の覚え方。
「まごはやさしい」の食材をできるだけ地元の近隣から仕入れし、
料理をしましょう。
「孫は優しい。」とおぼえバランスのとれた食事を目指しよう。
まごはやさしい=の説明。
ま=豆類、ひたし豆や、あぜまめ、トフなど。ご=胡麻類・ほうれん草の胡麻和えなど、

は=わかめなど海藻類、ヒジキネなど。
や=野菜、田舎家風ふきふき大根など。さ=魚、諏訪湖産ワカサギの甘露煮など。
し=シイタケなど菌類。キノコ汁やなめこ、しめじ、えのきなど。
い=イモ類など長芋のさんぱいず、とろろ汁など。

11月30日昼過ぎ、12時10分富山の薬屋、OSさんが、置き薬の精算に
廻ってきました。「孫はやさしい」教えて頂きありがとう。
漢方の薬、風邪薬や頭痛の漢方薬・クマノイ胃腸薬など4800円の精算で
あった。しかし、大石の不動さんに来て、必ず祈願のお札3点セット
(1000円)を3セットつ購入していきます。「このお札をどうするのですか?」
富山の近所の方に一度上げたら「ご利益があった事業など何しても好天に
向いていくとのこと?」不思議でしょうがない・・・
もう8年になるそうです。それから毎年購入していきます。
さて、富山の薬屋OSさんが「世渡りの道」と題して「きはながく、こころはまるく、
はらたてず、くちつつしめば、いのちながかれ」と言う張り紙を
置いていった。



 


  弘法大師堂へ名古屋方面から60代〜70代の女性5人が参拝。紅葉が満開。
    Date : 2017/11/26 (Sun)
 11月26日日曜日高校駅伝大会が国道166号線で行われた。茅広江公民館の文化祭、
多気郡多気町の元丈の里の祭りなど朝の9時から午後2時まで行われている。
弘法大師堂へ名古屋方面から60代〜70代の女性5人が参拝。紅葉が満開。
以前にも霊感不動教会で参拝してから12年目に当たります。

 本堂の中へ入れて頂き名駅で花屋さんを営んでおられたH・Kさんが先達になり
25人ぐらいで毎年6月と11月に参拝して「観音経・般若心経・不動明王真言など」を
何度も繰り返し不動明王にお願い事を一人ひとり大きな声で言うのである。

 あの時お願いしたことが叶い、健康で上手く子供たちも育ち、私達夫々の人生が
悔いの無い日々を過ごし、海外旅行や、国内旅行も出来、定年から8年です。

 現在は、東海36不動尊霊場会を1番の成田山 大聖寺から愛知県の22番霊場まで
終了し昨日、志摩市浜島の大江戸物語に宿泊・鳥羽の23番「青峯山正福寺に参拝、
24番の丹生山 神宮寺と大石の石勝山不動院に来ました。

 本尊不動明王の前、住職がお経、懺悔、三宝に帰依して仏教信者としての自覚を
高め、十善戒を守ることを誓い、菩提心を起こして悟りへの道に進むことを
決意する。家内安全・交通安全・身体健全・商売繁盛・心願成就など祈願。 

5人が唱和して1、合掌礼拝2、懺悔3、三帰4、三きょう5十善戒6、発菩提心 
7、三摩耶戒8、開経げ、9、観音経10、般若心経11、光明真言12、御宝号13、祈願文
14、回向して終了。 先祖供養、祈祷など
予定もあるので、2〜3日前に?(TEL)申し込みが必要です。「南無大師遍照金剛」


- Mag Board -