伊豆箱根鉄道のホームページ

 

◆◆ 伊豆箱根鉄道 軌道線 年表 ◆◆
伊豆箱根鉄道広報宣伝課様御提供

 明治

29年 5月 3日:駿豆電気株式会社 創立

36年11月12日:三島市六反田(現三島広小路)〜沼津市三枚橋(現平町)間、免許

38年11月 1日:三島市六反田より沼津駅前間のうち、5.9kmの敷設工事開始
          工費約15万円

39年 4月   :車庫建設工事完了

39年 5月   :電車専用の黄瀬川架橋工事完了

39年 6月〜  :道路拡張工事着手

39年 6月25日:沼津三枚橋〜上土291番地間、免許

39年 6月30日:沼津三枚橋平町〜志多町〜城内字城内〜城内字城内291番地(現
          沼津駅前)間、免許

39年 7月〜  :軌道敷設工事に着手

39年 9月〜  :架線工事に着手

39年11月 1日:社名を駿豆電気鉄道株式会社と改称

39年11月10日:鉄道敷設工事 竣工
          軌間1,067mm  架線電圧600ボルト
          4輪電動車6両 付随車1両 付随4輪貨車4両
          待避線4箇所

39年11月28日:営業開始 開通祝賀式行う(日本で18番目、静岡県下では初)

41年 7月   :三島市六反田〜久保町〜三島町(現三島田町)間、開業

         *伊豆鉄道(三島駅〔現下土狩駅〕〜大仁駅)との平面クロスが認可
          されていなかったため、乗客を踏み切りをはさんで徒歩連絡をした

41年10月 1日:伊豆鉄道より平面クロスの承諾受ける

41年末     :沼津駅前〜三島町間が全通

45年 4月 1日:駿豆電気鉄道は伊豆鉄道を合併、現在の伊豆箱根鉄道の基礎ができる

 大正

 3年      :三島広小路〜三島町間の市内線 運転休止

 4年 1月18日:三島広小路〜三島町間の市内線 廃線
         *沼津から三島広小路を経由し、駿豆線に乗り入れ三島町まで直通運転
          され、沼津と三島を結ぶ足として、昭和24年3月31日まで重要な
          役割を果たした

 5年10月   :駿豆電気鉄道は富士水力電気株式会社と合併 富士水力電気株式会社
          鉄道部となる

 5年11月   :同社から鉄道部が分離独立 駿豆鉄道株式会社 設立

 6年11月 5日:会社設立登記がなされ、現伊豆箱根鉄道の基礎となった駿豆鉄道が正
          式に誕生した 資本金100万円

 昭和

13年 4月   :箱根遊船株式会社と合併 社名を駿豆鉄道箱根遊船株式会社と改称

15年11月   :社名を駿豆鉄道株式会社と改称

16年 8月23日:大雄山鉄道株式会社(小田原〜大雄山)を合併
         *駿豆線、沼津〜三島広小路間の軌道線(チンチン電車)、大雄山線
          の3線を有する

20年 7月17日:沼津市石田坂で激しい空襲にあい、モハ1型No.2が戦災車となる
         *戦争で男子社員が減少、大半の従業員が女性となり、軌道線のハンド
          ルも女性が握ることが多かった

32年 6月 1日:社名を伊豆箱根鉄道株式会社と改称

36年 6月28日:大雨により黄瀬川橋流失 バスによる代行運転開始(沼津駅前〜国立
          病院前)
         *その後も国立病院前〜三島広小路は電車運転を続けたが、競走路線の
          バスの跳梁、モータリゼーションの発達、国道1号線三島バイパスと
          の交差問題など、その他諸問題もあり、昭和37年廃線を決定

38年 2月 4日:沼津〜三島広小路間軌道線 廃止
         *57年間にわたる歴史に幕を閉じる バスによる代行運転開始(1日
          80往復を運転)

伊豆箱根鉄道のホームページ