戻る

■■ 修学旅行/奈良&京都 ■■
1955年3月30日〜4月1日

昭和30年(1955年)の3月、高校の修学旅行の二日目以降の事なんですが・・・
今日は、その修学旅行中に脱線して電車を追ったことを、お話致しましょう
順序とかシテュエーションとか、かなりいい加減ですが
電車関係のお話は、それほどテキト〜ではないと思ってます


◆いや〜、参ったなあ!まるっきり覚えてないんですよ。こんな事では困ったなあ・・・なんて思いつつ、アルバムの書き込みをネタにして簡単に行きます。
◆京都での一泊があけた3月30日の行先は奈良でした。京都観光って会社の観光バスに乗りまして奈良へ向かいます。多分国道24号線かな?大きな川の土手の上なんか走りました。電車は殆ど見えず少々寂しい眺めでした。順序は忘れましたが、定番の、東大寺、興福寺、薬師寺、唐招提寺、法隆寺。若草山なんかも登ったりしました。途中で近鉄の踏み切りがありました。

◆もう疲れちゃって、唐招提寺なんか見学しないでバスで休んでました。バスのラジオから、中村メイコさんの『お姉さんと一緒/たっちゃんのおはなし』が流れていました。この番組知ご存知の方、かなりのお年ですよね(^^;)。
薬師寺です。一応、みんなと東塔を眺めたり、西塔跡を(あれれ、逆だっけ?)見たりしてるうちに、お寺の脇を近鉄が走ってるのに気が付いて私だけ脱線。ご本尊様も拝まずに電車に熱中してしまいました。

 

 一寸重いですが大型写真が沢山あります

もう、素敵ステキな木造の美しい3連が往来します。荷電まで走ってくれる大サービスでありました。
◆その日は、京都に戻って一泊ですが、夜の外出時間に、北野の嵐電の駅に行ったような気もしないでもないです。
翌日31日は京都市内観光
定食コースの金銀両閣、清水、平安神宮、嵐山に、当時はかなり自由に入れた苔寺、御所に二条城と回りました。
その二条城の前、N電が走って居りました。もちろん、見学の列を抜け出して何枚か撮影。昨年夏には書いてあった『Nの字』が書いてないんですね。

 

 この写真の拡大サイズ写真と、ほかに大型写真が数枚

◆その夜は舞妓さんが宿にデモに来るはずなんですが、折角ここまで来たんですから、鉄道好きの4〜5人で電車に乗りに行っちゃおうって事になりました。
未だ明るい京阪の三条駅で何枚か撮影です。

  三条駅での大型写真を少々

◆当時、丹波橋から乗り入れてきていた、奈良電デハボ1000と京阪1300です。
◆そのあと多分、京阪の特急で大阪に向かいました。折りたたみ椅子の補助椅子の置いてある転換クロスシート車は1700だったでしょうか?1800だったのかな?
おそらく京橋で降りて城東線(いまの環状線)で大阪駅、ここから順序は忘れましたが多分、阪急と阪神で神戸まで往復し、梅田で大阪鮨を食いました。食ってるうちに門限時刻です。宿の先生に道に迷ったって電話をかけ多分タクシーで天満橋。
そして、最終の特急で三条に向かいました。その日はこれで、おしまいです。
4月1日は、京阪の三条から、京阪の京津線で浜大津に向かいました。そのときに写した1700の特急です。

 
(パンタのシューの形がユニークですね)

浜大津でのりかえて、坂本に至り、小雨の比叡山延暦寺見物、ケーブルで八瀬遊園に下り叡電の1型に感動したんですが、一枚の写真もありません。残念だなあ、惜しいなあ。叡電のまともな写真が撮れたのは、その後何年か経ってからでした。
◆そのあとは、全くの記憶空白。夜行の貸切列車で東京に戻りました。車内、殆ど眠らず、トランプやゲームで大騒ぎでした。そんな修学旅行でありました。


 戻る