戻る

■■ 国道32号線沿いの電車たち ■■
1961年10月

 『播磨屋橋』の交差点から国道32号線を西(伊野方面)へ約800メートル、電車の停留所にして三つ目に『公園通』という停留所がありました。現在は『高知城前』と言いまして、高知城の正面入り口である(違うかな?)追手門に一番近い停留所です。

 その『公園通』電停附近での撮影です。次々とやってくる電車を狙いました。150、200、300、600型を写すことが出来ました。

 いや〜、クルマが少ない!!この前、2003年の2月に高知を訪問したときは、この通りの車の数は大変なものでした。まあ、東京、大阪ほどではなかったけれども・・・・・。
 この通り沿って経っているビルも今では、たいそうなものが建ってますが、1961年当時はこの写真のように、ビルディングって感じの大建築物はなく、のどかな風景でありました。いまでは、歩道を走ることの多い自転車も、ほとんど車道を走って居ましたね。



鏡川橋ゆき( 213)


知寄町ゆき( 220)


後免ゆき( 617)


さんばしゆき( 319)『桟五』の方向板を下げています

 このあとの二枚は撮影日が違い、撮影条件が悪いようです。


たぶん159(行先板が黒地に白文字なので、朝倉ゆきか?)


159と152(左側159は、たぶん朝倉ゆき/右側は行く先が読めません)


 戻る