戻る

■■ 電車特急つばめ/カラー版 ■■
1960年4月&6月


 1960年4月29日、愛器オリンパスペンにフジカラーを入れまして、田町電車区に行きました。ASA感度10のリバーサルカラーフィルムの色の保存はよくありませんが、御覧下さい。1ヵ月後に客車特急に代わって登場する電車、もう、光り輝いておりましたね。
 つぎの4枚は、下り側先頭につく一等展望車・・・・・パーラーカーと称されたクロ151の姿です。

 

 クロ151は、2m×1mの大型窓、一人用のリクライニングシートが並び、個室もあり、定員は18名、素晴らしいものでした。ドア脇の数字『1』は、一等展望車として、設計、製作されたのでしょう。番号部分を拡大したのですが、はっきりしませんが、間違いなくクイ151ではありませんね。この『1』も、営業開始時には『2』に変わっておりました。まあ、いろいろと経緯があったのでしょうが、良く判りません。


 さて、月日は過ぎ、たぶん6月のことです。私はオリンパスペンを時々会社の持って行って居りました。そのときはサクラカラー(ASA10のリバーサルフィルム)が入っていました。私の勤め先は、国電の神田駅で下車するのです。その神田駅の脇が、東海道線の引き上げ線となっておりまして、そこに9時前に、つばめが東京駅15番線への入線を待っているのです。そこで、1枚シャターを切りました。


営業開始後ですから、 ドア脇の数字は『2』

 これも、同じフィルムですが、田町電車区に居る『つばめ』です。撮影日時は不明ですが、たぶん、6月のある日なのでしょう。 通勤途上の電車の窓からの1枚。


 戻る