品鶴線1959年TOP    No.2

■■ 国鉄貨物専用線【品鶴線】1959年 ・No.1 ■■
1959年(昭和34年)を中心に他の年も少々

ここでは、地図の中ほどあたりで撮影したものを並べました
この辺は私が子供の頃
汽車を眺めた場所なので
いまでも当時の光景を思い浮かべる事が出来ます


  この写真だけは1958年(昭和33年)の10月撮影です。

私は『何時もの』永富踏切で貨物列車を待っておりました
下りの貨物列車がEF13に引かれてやって来ました


  1959年(昭和34年)9月撮影の品鶴線の貨物列車です

多摩川の橋梁をEF12がタンク車を引いて品川方面に向かいます
機関車はナンバープレートをルーペで見ると
EF124らしい

・・・・・EF10の可能性もあります


EF12形ですが、EF10の疑いも無いでもない
向こうが品川方面です
幼い日、この写真を撮影した跨線橋で、蒸気機関車の香りを嗅ごうと
煙に包まれたものです

同じ跨線橋の反対側を見ます
たぶん同じ列車でしょう

カーブを曲がれば多摩川の橋梁までアッと言う間です
左の四角い建物は大田区立東調布第一小学校
大きな樹はスズカケで幼い日、この下で遊んだ思い出があります


  こんな写真を撮っていた頃があります。列車をブレさせてイキがってますが、 今、見てみると、なんだか変なものです。

永富踏切で多摩川方面に向けての撮影
踏切のそばには、どぶ川が流れており、赤虫が沢山居ました
国民学校に入る前だったか
飼っている金魚の餌にと、父と赤虫をとりに行ったけ・・・・・

同じ永富踏切から品川方面を見る

たぶんEF13、そしてEH10

上の写真と同じ場所ですが、日(又は時刻)が違います

EH1032
オレンジ色の帯を締めた急行貨物列車を牽いています
真っ黒でゴツかったけれど結構気に入ってました
当時はマンモス機関車と言われた重量級機関車
この陸橋の二つ先に見えているのが東急池上線の鉄橋です

上の写真の永富陸橋から多摩川方面を見ています
EF15が上りの列車を引いて来ました


  この写真は1960年(昭和35年)5月のものです。

EF1325の引く下り貨物列車

東急池上線の御嶽山駅脇の道路橋の上から撮りました
道路橋は、もちろん当時の橋とは違うけれど
この場所にあります
新幹線が平行し、両側はコンクリートの垂直な壁となり
こんな長閑な雰囲気はありません


品鶴線1959年TOP    No.2