戻る

■■ 京阪の三条駅で ■■
1955年3月31日

京阪の三条駅って凄い駅でした
線路は並行してない、足元には疎水が流れているのが見えて一寸コワい、屋根ナシのエリアが多い
京津線への直通時代の線路が残ってたりする
なかなか面白い駅です

丹波橋から奈良電の乗り入れがあったり、車両も変化に富んでおりました



奈良電のデハボ1020奈良行急行と京阪1310天満橋行き急行が並びました
電柱がいかにも時代物でごついです/京阪の歴史を感じます


当時はあまり好きでなかった川崎タイプのデハボ1000も今見るとナカナカです
1000の三扉ロングシートバージョンの1100も悪くない


特急の到着です
1007です
鴨川と疎水に挟まれた、柳青く、桜咲くこの線路ももう戻りません


 戻る