戻る

■■ ひとりぼっちの”駅長”さん ■■

(2004.2.14製作/2012.2.5画像のグレードアップ)

私が静岡鉄道駿遠線に通うようになったきっかけは
1958年(昭和33年)1月26日付の週刊読売
この記事なのです

題して「 フォトストーリー ひとりぼっちの”駅長”さん 」
週刊読売の中ほどのグラビアページでした
・・・・・ で、閃くものが有って
出掛けて行く事になったのです

「静鉄・駿遠線資料館」の、この項目ページを作るに際して
読売新聞社の「Yomiuri Weekly 」編集部様に掲載の許可を頂きました


フォトストーリー
■■ ひとりぼっちの"駅長"さん ■■

カメラ・落合 武夫

 第一頁

  列車交換 それッ、かけ足かけ足


 第二頁〜第三頁と、第二頁右下の文

 写真を一枚一枚拡大しましょう。

 いつも冷えたお弁当 "熱いミソ汁が一番ほしいです"

 駅長さんは子供たちと大の仲良しだ

 兼小荷物係でもある ナシの出盛るころはてんてこまいだ

(中右)タブレットを渡す ついでに隣駅の模様など聞いたり・・・・・・

(下)通学・通勤者はすべて顔なじみ パスの書換え近くなると みんなの顔がパスにみえてくるという


従来のディジタルカメラ接写による画像を
2012.2.5
一枚を除いてスキャナでスキャンした画像にしてグレードアップを図りました


 戻る