14号 2000年 4月10日発行

■■ "特急あずさ"で甲府まで ■■
(4月10日)


◆ 皆様お元気ですよね?4月10日ともなれば桜も満開です。今日10日月曜日は甲府まで行きました。


◆ 私の良き友、Y.Sさんが、最近、富士吉田市の月江寺のことをメールで書いてきます。なんだか、大変良い雰囲気の所らしく、今朝突然行く気になって家を出たのが9時半で、街で銀行に立寄ったり、ヨドバシカメラでM/Oディスクを買ったりしたあと、横浜線で八王子に向かいました。

  

 八王子駅は、中央本線が山岳地帯突入の玄関口に当る為か、何となく緊張感が漂ってる様に感ぜられます。重量級EF6415がカンロクで休んでいたり、八高・川越線の209系なんかも居ました。ホームに特急あずさ57が入線しましたので、ふらりと乗りこんで席もあり、ほっとしていたら、ナント、大月は停まらないんですね。まいったなあ。
◆ と、云うことで、富士吉田は諦めて、甲府に行く事にした。塩山・山梨市・石和あたりの桃の花見物とカクゴを決めました。桜も、桃の花も満開でそれは見事なものでした。曇り空だったのが惜しいけど。そして甲府駅到着。
 身延線のホームには鰍沢口行きの313系電車が2両編成でとまって居りました。基本的には115ですけど、スマートでシートも固定セミクロスでは有りますが、なかなか魅力的なクルマです。

(車内です)

◆ 向こうのほうに団体用の「やまなみ」(クロ485)停まっております。そして115系の各駅停車の甲府止りの到着、EF64の貨物の到着と、かなり頻繁に列車の往来があります。

(やまなみ:クハ485−4ほか)

 (115系の各駅停車・甲府駅構内の赤煉瓦の倉庫)

◆ 駅前通は人は歩いているんですが何となく寂しい感じでした。県庁も駅の近くです。

(正面が甲府駅です)

(山梨県庁)

◆ さて、お昼時とあって、昼ご飯にする事にしました。カツ丼を食おうと探したのですが、30年ほど前に甲府に来たとき、カツ丼と言えば、丼ご飯のうえにトンカツ載せただけってものでした。ご存知、卵とじのカツ丼は、当時の岡島デパートの食堂では「カツ玉どんぶり」っていっておりました。最近、東京では「ソースかつどん」なんて云うらしいけれど、コイツを食おうと探索を始めました。駅前の「山交デパート」少々歩いて「岡島デパート」、そのほか南減価の食堂を探したのですが、「無い」。卵とじのカツ丼は多いんですけどね。みんな東京方式になってしまったのでしょうか?ただし、卵とじ方式かつどんを「かつどん」とは云わないらしいです。伝統なんですね。

  
(左から、山交百貨店・駅前通の食堂、岡島百貨店とんとん亭のメニュー)

(岡島百貨店とんとん亭の煮かつ丼サンプル)

 仕方が無いから、岡島デパートの7階の食堂街のトンカツ屋で、ミックスフライ定食、税込み924円の昼飯になりました。それなりのお味でした。

◆ お腹もいっぱいで、駅前に戻りました。もどる途中のあんまりキレイでない食堂の看板に、ついに「カツ丼」を発見しました。甲府市内の絶滅種にはなっていなかったので少々ほっとしたものです。

◆ 武田信玄像を一応眺めて、あとは帰るだけです。

 

◆ 14時08分発、あずさ62号に乗りまして、八王子経由で帰宅しました。八王子駅では、私の好きなDE10が、良い場所に停まっておりました。 以前、八高線でセメント列車を、エンジンルームを後ろ側に向けて(短い方を前に)引いておりました。DD51も良いけれど、ED10はホントにかっこいいクルマだなあと思ったものです。

◆ 帰り道、小田急デパートで「スターウオーズ、エピソード1・ファントムメナス」のワイドスクリーン版を税込み4,179円で入手しました。ついでに、食堂街の西村で、「フルーツあんみつ」税込み714円を食しまして、17時30分、無事、帰宅でした。
◆ 富士吉田市へは改めて出直しです。富士急行はあんまり乗ったことが無いので、楽しみです。昭和50年ごろまで元国鉄モハ32(その後モハ14)がいた事が有りますね。

◆ それでは、また何処かへ行きましたらご報告致します。では・・・。