閑谷学校は、岡山藩主、池田光政の命により作られた手習い所
(学校)です。1670年に作られ庶民にまで開放した学校としては、
日本最古であり、世界最古とも言われています。 士農工商の身
分制度が厳しかった江戸時代中期において、武士だけでなく農民
など庶民をはじめ、他藩の者に対しても門戸を開いた当時として
は、先進的な教育機関でした。

トップへ

次へ

学校付近の風景

講堂横の廊下

講堂内部

講   堂

小   齊(小齊は藩主お成りの間)

習 芸 齊(ここは学習に使われた)

文  庫(文庫は図書の収納庫)

孔子廟の門

同じく孔子廟(左右に大きな楷の木が聳える)

校内にある閑谷神社(岡山藩主池田光政を祀る)

学校はこのような石塀で囲まれている

岡山県備前市にある閑谷学校の正門

岡山 閑谷学校