懸  想  文

時代はさかのぼって、江戸時代、京の風俗行事の一つとして懸想文売りが
王城の地を賑わしたものでした。烏帽子に水干姿で梅の木の枝に文をつけ、
覆面をして売り歩いたといわれています。懸想文の名からして恋文を連想さ
れる方も多いと思いますが、縁談や商売繁盛など、人々の願望をかなえる
符札です。其の後この優美なる風習は明治以後なくなりましたが、縁結びで
有名な京都の須賀神社で、これを復活しました。

京都 須賀神社

次へ

トップへ