梅小路機関車館は、JR旧二条駅舎だったのを、1996年の山陰本線
高架化ともに、駅舎としての役目を終えた時に、本館敷地内に移築し
たものです。扇形庫には、大正から昭和にかけて製造された、国産
蒸気機関車16形式18両が展示されています。2004年現在、動態保
存機は7形式7両となっています。うち、5形式5両は現在も車籍を有
し、2両は、(C571、C56160)山口線「SLやまぐち号」や、北陸本線
「SL北びわこ号」など、本線上での列車牽引に供されています。

梅小路機関車館

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ