奈良 般若寺

般若寺は、東大寺の北側に位置し、コスモス寺として有名です。
もともと飛鳥時代に高句麗僧慧灌(えかん)法師によって、開か
れたお寺ですが、奈良と京都を結ぶ要路にあった為、幾たびも
戦乱に巻き込まれ、栄枯衰退を繰り返す歴史をたどりました。こ
の写真の楼門(ろうもん)は、鎌倉時代にお寺を再建したときの
もので、国宝に指定されています。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ