赤穂 大石神社

現在の上仮屋にある赤穂城は、白々と美しい二層の隅櫓を残すの
みですが、もとは正保二年(1652年)五万三千石をもって常陸から
移封された浅野長直が慶安元年(1648年)から十三年の歳月を費
やして築いた城でした。大石神社は、赤穂義士たちが吉良邸に討
ち入りを果たした事で有名な、赤穂四十七義士などを祀る神社で、
大願成就に御利益があると言われています。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップヘ