京都 本願寺

西本願寺は、親鸞聖人の没後、娘の覚信尼が現在の知恩院付近に
廟を建てて、御影堂としたのが起こりとされています。現在の場所に
移ったのは、天正19(1591)年のことです。真宗大谷派の本山である
東本願寺は、親鸞聖人によって開かれ、慶長7年(1602)に徳川家康
より寄進を受けた第12代教如上人が、西本願寺より分立したのが当
寺の始まりとされています。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップヘ