時 代 祭 1

トップへ

次へ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建されました。
その時、平安神宮の大祭、建造物、神苑の保存のため市民により平安講社が
組織され、記念事業として時代祭が始まりました。祭が行われる10月22日は、
桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日です。この
祭の特色は明治維新から延暦時代へさかのぼって、順次風俗、文物の変遷を
再現します。現在は18列、2000人に達し行列の長さは2キロに及びます。祇園
祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられていて、山国勤王隊を先頭に、
正午、御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神
宮までの4.5キロ間に、一大時代絵巻が展開されます。