義 仲 寺

義仲寺の名は、平家討伐の兵を挙げて都に入ながら、源頼朝軍に追われて、粟津の
地で最期を遂げた木曽義仲(1154-84)を、ここに葬ったことに由来しています。近江
守護であった佐々木六角が、室町時代末期に、この寺を建立したといわれています。
江戸時代中期までは、木曽義仲を葬ったという小さな塚だけでしたが、周辺の景観を
愛した松尾芭蕉(1644-94)が度々訪れ、のちに芭蕉が大阪で亡くなったとき、生前の
遺言によって、ここに芭蕉の墓が立てられたといわれています。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ