幻 住 庵

「おくのほそ道」の旅を終えた翌年、元禄3年(1690)4月6日から、7月23日までの
およそ4ヶ月間、芭蕉は、門人の曲水(菅沼外記定常:膳所藩士)の勧めで、かつて
曲水の伯父(幻住老人)が暮らしていた庵に住まいしました。現在の幻住庵とその周
辺は、平成3年に新たに再建整備されたものですが、芭蕉が「いとど神さび」と書いた
静寂な様子は今も変わりません。また、庵の近くには、芭蕉が水を汲んで自炊をして
いた「とくとくの清水」が、今もこんこんと湧き出て、往時をしのばせています。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ