i石 山 寺

瀬田川清流の畔、伽藍山を背にした石山寺は山号を石光山と言い、天然記念物に指定
された硅灰岩の上に天平時代、諸堂が建立されました。以来、西国三十三観音霊場第
十三番目札所として多くの人々の尊崇をあつめ、それは石山詣として古典文学にしばし
ば登場する風光明媚な古刹です。紫式部のことはあまりにも有名ですので、此処で省き
ます。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

トップへ

次へ