京都国立博物館

明治30年(1897)に京都を中心とした社寺に、伝わる宝物を保護
する目的で、帝国博物館として発足、昭和27年(1952)に国立博
物館となってからも、仏教美術関係を多く所蔵し、その数は約1
万点以上にもなります。

博物館正門

本館前の庭園

本  館

庭園の中にある左は三条大橋右は五条大橋の橋脚

石  棺

大日如来

釈 迦 三 尊

地 蔵 尊

不 動 明 王

東大寺灯籠(レプリカ)

老ノ坂に立っていた「是より東山城国」という碑

次へ

トップへ