トップへ

次へ

左下は竈のある台所、右は芭蕉翁の書斎「釣月軒」。

松尾芭蕉の生家でここには、書斎「釣月軒」が奥にあり、29歳
まで生家で過ごし、ここで処女句集「貝おほひ」を執筆しました。

蓑虫庵の中にある芭蕉庵

蓑虫庵は、俳聖・松尾芭蕉ゆかりの建物。芭蕉五庵のひとつといわれ
なおかつ現存する唯一のもの。芭蕉の高弟・服部土芳の住居跡で、江
戸時代の典型的な茶屋造り。
左下は門、右が蓑虫庵。

同じく公園の中にある忍者博物館

同じく公園の中にある簑笠をきた芭蕉翁の姿をなぞった俳聖殿

お城のある上野公園のなかにこの句碑はあります
「さまざまのことおもひだす桜かな  芭蕉」

伊賀上野城は、別名「白鳳城」と呼ばれる美しいお城で、
天守閣は木造三層からなっています。

上野市は、隣接の伊賀町など6市町村と合併し「伊賀市」が誕生しました。
その中心の旧上野市は、藤堂高虎により築城された上野城の景観や、
また忍者の町で有名ですが、やはり突出して著名なのは芭蕉の出生地と
いうことでしょう。そんな町を歩いてみました。

伊 賀 市