大 坂 城

大坂城は豊臣秀吉が天下統一の拠点として築いた城である。築城が
開始されたのは、織田信長が本能寺の変にたおれた翌年、天正11
年(1583)のことであった。秀吉の大坂城は本願寺時代の遺構を活用
して築造されたが、信長の安土城を模範としつつ、これを超えることを
考えた結果、難攻不落の「大坂城」ができあがたが、大阪冬の陣の後、
徳川方の巧妙な交渉で、講和条件として堀を埋め立てられてしまい

坂城は、本丸だけを残す裸の城になり、夏の陣で落城した。

次へ

トップヘ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。