談 山 神 社

談山神社は大化改新の中心人物の藤原鎌足を祀る神社です。
政治を改革しようとした中大兄皇子と中臣鎌足(後の藤原鎌足)
が西暦645年の5月に、藤の咲き乱れる多武峰に登って「大化
の改新」の談合を行ったことから、後にこの山を談い山、談所ヶ
森と呼び、また神社の社号の起こりとなりました。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップヘ