連句 いろいろ

メロウ連句会

青麦連句会

敗戦忌の巻

おぼろの巻

仙翁花の巻

松手入の巻

初詣の巻

うかれ猫の巻

春闘の巻

遠雷の巻

新涼の巻

大玻璃戸の巻

浮寝鳥の巻

福寿草の巻

雀の子の巻

母の日の巻

紫陽花の巻

雲の峰の巻

夜寒の巻

冬来ぬの巻

蹴鞠始めの巻

年の豆の巻

寒気の巻

陽炎の巻

春雨の巻

田一枚の巻

馬ぽくぽくの巻

弓袋の巻

切石の巻

朝市の巻

荻の声の巻

秋の土の巻

寒の中の巻

予定表の巻

春の鳶の巻

櫂の音の巻

団扇の巻

杜若の巻

瓜の土の巻

寒鯉の巻

大霞の巻

剪定の巻

春なれやの巻

衣更の巻

長生きの巻

連句とは、俳句のもととなった俳諧の今日的なの呼び名で、複数の人で行う座の文芸です。
長句と短句を繰り返して付けながら、その丁々発止のやりとりを愉しみます。禁じ手は後戻
りしないこと、付け句を発展させながら、ひたすら前へ前へと進みます。貴方も理屈抜きに面
白い連句を愉しまれたらいかがですか。

鹿の子の巻

トップヘ

竹雛の巻

大佛殿の巻

猫の子の巻

あなたなるの巻

茸山の巻

夏燕の巻

連翹の巻

冬来ぬの巻

梅が香の巻

秋七草の巻

蛸壺の巻

籠枕の巻

備長炭の巻

冬の雷の巻

蝮酒の巻

震災忌の巻

山二つの巻

大暑の巻

松手入の巻

閻魔の巻

酢海雲の巻

陶枕の巻

自然薯の巻

眼鏡橋の巻

緑陰の巻

小鳥来るの巻

女正月の巻

衣被の巻

蝋梅の巻

大南風の巻

釣瓶落しの巻

でで虫の巻

一葉の巻

芋水車の巻

みちのくの巻

湖畔亭の巻

冬近しの巻

大年の巻

きさらぎの巻

春炬燵の巻

花野の巻

帰り花の巻

父よりもの巻