生玉神社(生国魂神社)は難波と天王寺との中間に位置し、江戸時代
には大変な賑わいを見せました。安政年間に書かれたと見られる『摂
津名所図会大成』巻四にはその様子が絵と文で伝えられています。こ
の賑わいを利用して様々な興行が催され、その中から彦八や西鶴とい
う、今日まで語り継がれることとなる人物が登場しました。

大阪 生国魂神社

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ