鎌 倉 2

寿福寺は、鎌倉五山最古の寺である。参道を左に折れて裏手に回ると、
北条政子と源実朝の墓とされる石塔が、やぐらの中にある。この墓地内
には他に、俳人高浜虚子、作家大仏次郎など著名人の墓がある。鎌倉
大仏は、応安2年(1369)そして明応4年(1495)の水害で殿舎が流されて
現在の露坐のお姿になってしまった。胎内拝観も可能で、圧倒される外
観に比べ内部は少し窮屈で、別な大仏様が感じられる。その他境内に
ある「観月堂」は李王朝の月宮殿を移築したもので、建築物としての評
価も高く、一見の価値がある。また、観月堂の脇には、歌人・与謝野晶
子が大仏の魅力を詠った歌碑もある。

次へ

トップへ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。