秋 芳 洞

秋吉台の地下100m、その南麓に開口する東洋一の大鍾乳洞「秋芳洞」は
ひんやりと肌をさす冷気漂う杉木立を通り抜けた処にあります。洞内から
の水は三段の滝となり、飛沫を舞い上げながらコバルトブルーの川面へと
流れ落ちています。洞内の観光コースは約1km(総延長10km)、温度は四
季を通じて17℃で一定し、夏涼しく冬は温かく、老人、子どもも快適に探勝
できます。時間が凍結したような不思議な自然の造形の数々は変化に、富
み、私たちの心に大きな感動を呼び起こさせてくれます。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ