奥の細道 2

高館は、中尊寺の東方にある丘陵で、判官館とも呼ばれています。この
あたり一帯は清衡の時代から絶好の要害地とされていました。秀衡の庇
護を受けた義経は、この高館の居館に住まいしていましたが、文治5年
(1189)4月に、頼朝の圧迫に耐えかねた泰衡の急襲にあって、義経主
従は自刃しました

大小200個以上の島々が海に浮かんでいる松島は日本三景の一つで
す。また松尾芭蕉や伊達政宗とも縁の深い処です。松島は江戸時代か
らの観光地とされていました。五大堂、瑞巌寺、観欄亭など貴重な文化
財も多くあるのが特徴です。


中尊寺は天台宗の東北大本山です。数多くの塔頭がありましたが、
惜しくも14世紀に野火のため多くの堂塔は焼失してしまいましたが、
今なお、金色堂はじめ3000余点の国宝・重要文化財を伝える平安美
術の宝庫です。

次へ

トップへ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。