東    寺

延暦13年(794)桓武天皇の平安京遷都の折り、国家鎮護のために、
羅城門の左右に築かれた東西両寺の一つです。建立の最中、空海
によって真言密教の根本道場とされ、寺号も「教王護国寺」と称され
るようになりました。

次へ

トップへ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。