京都 高台寺

高台寺は豊臣秀吉の正妻、北政所(ねね)が秀吉の菩提を弔う
ために慶長10年(1605)に開創された寺で、造営に際しては、徳
川家康の多大な財政援助があり、寺観は壮麗をきわめたと、い
われているが、江戸時代たびたびの火災にあって、焼失してしま
い現在残っているのは、開山堂・表門・観月台と他に秀吉と北政
所を祀ってある霊屋などのほか、利休の意匠による茶席と、伏
見城から移建された傘亭、時雨亭等が、国の重要文化財に指定
されて残っている。

次へ

トップへ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。