神戸 湊川神社

湊川神社は1872(明治5年)、明治天皇によってたてられたもので、
楠木正成や、その子の正行をふくめて、17名の人がまつられてい
る。楠木正成は、1336年、湊川の戦いで足利尊氏にやぶれ、今の
湊川神社付近でなくなった。正成の墓は、もとはこの近くの畑の中
の小さな塚(土を高くもった墓)だったが、のちに水戸黄門として、よ
くしられている徳川光圀によって、
石の碑がたてられた。それが「嗚
呼忠臣楠子之墓」なのである。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ