句 集      架   橋

筌 民  伸

第一章    翻車魚        (三十三句)

遅れ梅くれなゐ盡し開きけり             針供養あはせて釦供養かな        
薄紅梅西行の日もすぎにけり      宗右衞門町坂町高津春の雨        
見習の巫女が紅さす春祭  
              菜畠のてふてふ日和となりにけり
四合を二合に煎じ日の永き             ことごとく事了りたり桜蘂
二回目の落第髭などたくはへて        百日で坐る子の首樟若葉    
心太型のごとくに押し出さる       朴の花文目もわかぬ夜なりけり    
沙羅散るやいま山門に薫酒入る        はつたいにむせて男を落したり    
たましひが出口をさが極暑かな          美しき闇のはじめの大文字        
流燈にわりなき雨となりにけり           贋物の李朝の壷の秋思かな       
大阪がとにかくすきで西鶴忌             毒茸にふれしが故のひと波乱    
笑ひ茸おしゃべり茸もありぬべし       螻蛄鳴くや全燈消えし競技場      

草の花風の堂々めぐりかな               神の留守静かに降ろす鬼瓦        
酔うてきし僧の大声薬喰                鳴きやみて白鳥らしくなりにけり  
国道を歩くにはとり十二月                竹馬の勢多迦童子横町かな        
冬が動くごとく翻車魚泳ぎけり       冬来ぬとたしかに思ふ欅かな   
重く長き影曳きマラソン折り返す     数へ日のサーカスが来る象つれて 
わが住める上に人住み豆を撒く     

次へ

トップヘ

(八章三三九句)