根岸 子規庵

正岡子規は1867〜1902(慶応3〜明治35)明治中期の俳人・歌人・随筆家で、
本名常規,幼名處之助,通称升,別号獺祭書屋主人(評論)・竹の里人(新体
詩・短歌)など通称は多数有ります。伊予の国(現松山市)に生まれ,東京根岸
に没しました。1883年松山中学中退上京翌秋大学予備門に入学、1889年喀血
して子規と号しました。1895年「小日本」編集主任、俳論や募集俳句を閲し俳句
の革新を推進しました。1898年短歌革新に進出し、万葉や源実朝ら歌人を宣揚
しました。親友に夏目漱石、俳句は高浜虚子、河東碧梧桐、歌は伊藤左千夫、
長塚節らが継承し、近代短詩型文学の主流を形成しました。

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。

次へ

トップへ