日本の民家

日本各地の代表的な民家を移築復元し、関連民具と合わせて展示する
野外博物館です。大阪府豊中市の服部緑地の一角、約3万6千平方メー
トルの敷地内に、北は岩手・南部の曲屋から南は鹿児島・奄美大島の高
倉まで11棟の民家を集めています。各民家とも江戸時代(17〜19世紀)の
建築で、地方固有の風土・習慣から生まれる様式を色濃く残しています。
そこには、その土地の自然を活かし、調和しながら生活を営んでいた人々
の知恵が随所にうかがえます。それぞれの暮しぶりは時の流れを越えて、
いまに生きる私たちに、大切なメッセージを語りかけているようです。

日本民家集落博物館

次へ

トップへ

右のボタンを押しますとスライドが始まり、左ボタンで停止します。